キャッシングで失敗する人とは?

キャッシングで失敗する人とは?

いますぐキャッシングしたい!どうしてもいま現金が必要だ!というケースは誰にでも起こり得るシチュエーションではあります。でもキャッシングで失敗する人にとても多いのは、そういった状況になる時の目的が適切ではないケースです。

 

例えば、冠婚葬祭でどうしても現金がいる、出張先でどうしても現金がいる、急な病気でどうしても現金がいる、なんらかの事故や災害が起きて現金が必要になった、そんな理由で即日キャッシングを希望する人であれば、あまり破綻することはないでしょう。

 

でも、どうしても今日遊びに行きたい、どうしても買いたいものがあるといった衝動的な欲求のためにキャッシングをする人は、自分のストレスが溜まった時にどんどんエスカレートしていくことが多いのです。

 

もちろん遊びが目的でも、いくら借りていつ返すというシミュレーションが出来ていて、その通り返済を実行出来る人なら大丈夫です。

 

でも衝動買いに走ったり、飲み歩いたり、ギャンブルにハマったりする人は、そのうちに返せなくなった借金を返すために他社からお金を借りるようになり、返済不能に陥ってしまうのです。

 

キャッシングはとても便利な仕組みで、クレジットカード同様、きちんと利用出来れば楽しい生活が送れます。消費者金融会社も銀行カードローン会社も、なにも破綻して欲しくてお金を貸しているわけではありません。

 

適切に借りて、ちゃんと返してくれる人になら、いくらでもお金を貸したいと思っているわけです。
審査に通らないとか、お金が足りないと嘆く前に、まずは生活スタイルから見直してみませんか。