キャッシング審査について

キャッシング審査について

はじめてキャッシングをするには、まず申し込みをして審査に通る必要があります。

 

審査とはどういうことかと言うと、「その人がちゃんと借りたお金を期日内に利息と共に返してくれる人かどうか」という信用の審査になりますので、個人の信用が必要になります。

 

この個人の信用を確認するのには会社によっていろいろと手段があるのですが、まず最初に照会されるのが個人信用情報というものです。

 

これはその人が今までに行ってきた金融情報がすべて照会出来る個人データで、いつどのようなクレジットカードを作ったか、いつどのようなローンを組んだか、いままでに借りたお金を返さなかったことがあるか、現在他からどれくらいお金を借りているかなどといったお金に関する情報がすべて記載されています。

 

この個人情報を取り扱っているのが個人信用情報機関で、CICとJICCという機関が情報を保持しています。ここには例え携帯電話の購入であっても、機種の支払いがローン扱いになる場合には記載されますし、お金に関する信用情報については細かい内容まで記載されています。

 

異動情報と呼ばれる金融に関する事故情報、例えば借金の延滞や自己破産などが記載されている場合には、審査は通らない可能性が高いです。

 

お金を貸す貸さないの判断は、それぞれの会社が自社のノウハウに基いて行うものですので、実際には申し込んでみなければわかりません。だた、不安になって一度に何社も同時期に申し込むと、それだけで審査に落とされる可能性が高くなります。

 

よく検討して、まずは1社に絞り込んで結果を待ったほうが確実です。