キャッシング審査の注意点

キャッシング審査の注意点

キャッシングの申し込みで審査を受ける場合の注意点は、とにかく嘘をつかないことです。信用を審査するのに、最初から信用出来ないようなことを申込書に記載するのは、自分で審査を難しくしていることに他なりません。

 

バレないだろうなどと思ったら大間違いで、悪意がなくても記載ミスがあるとそれだけで心象は悪くなりますよね。審査をする側も人間だということを忘れないでください。

 

申込の時点で勤め先や勤続年数、年収、他からどれだけ借り入れているかの件数などが訊かれると思いますが、よくあるのがこのあたりの嘘です。

 

きちんとした消費者金融会社ならちゃんと裏を調べますし、食い違いがあるだけでどんどんマイナス要素になります。何も見ないでお金を貸してくれる会社があったら、逆にそれは危険だと思いましょう。

 

利息がとんでもなく高くて絶対に返せない状態に陥ったり、人生が破滅するような借金地獄に陥ったりしたくはないですね。

 

ただ、正直に申告さえすれば審査に通るというわけでももちろんありません。

 

他社からの借り入れ件数は、返済能力の限界を判断するのに必要な情報ですので、たくさんの会社から借りている場合はそれだけで落ちる可能性が大きいです。

 

何社にも渡って借りるくらいなら、今契約している会社と交渉して、借り入れの限度額を引き上げてもらえないか検討してもらうほうがよほど有効です。

 

金利のことを考えればそのほうが有利ですし、今までに延滞もなくきちんと返済してきたのなら、交渉に応じてもらえる可能性があります。