即日キャッシングと総量規制

即日キャッシングと総量規制

2010年の6月に総量規制が開始されましたが、これにより貸金業者からの年収の3分の1を超える借り入れが不可能になりました。また、既に年収の3分の1を超える借り入れがある人は、新たに貸金業者から借り入れをすることができなくなっています。

 

なお、年収には給与、年金、恩給、定期的な不動産の家賃収入、年間の事業所得が含まれます。
このような特徴のある総量規制ですが、即日キャッシングにも当然影響を及ぼします。

 

貸金業者からの借り入れに関するルールなのですが、消費者金融のような貸金業者を相手に即日キャッシングの申し込みをする場合、年収の3分の1を超える借り入れが行えなくなるのです。

 

そのため、審査に通ったとしても融資限度額は年収の3分の1を超えない範囲となり、既に借金がある分にはそれも加味して年収の3分の1を超えない範囲での融資となるでしょう。

 

なお、この総量規制の対象になることなく即日キャッシングを利用したいという人もいることでしょう。その場合には、銀行系の即日キャッシングを候補にするとよいでしょう。

 

どういうことかといいますと、銀行系の業者というのは貸金業者ではないため、総量規制の対象には含まれていないからです。ただし、年収の3分の1を超えない範囲でという規制は、利用者を保護するために設けられているルールなのです。

 

借り過ぎは返済が困難になりやすく、生活を圧迫することになります。

 

即日キャッシングを利用する場合には多重債務者になることのないよう、無理のない借り入れで計画的な返済を行うようにしてください。